本文へスキップ

腰痛・坐骨神経痛を改善する“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”

電話でのお問い合わせは03-6457-8616

〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301

腰痛・坐骨神経痛を改善する“コア・ソマティクス”

“コア・ソマティクス”は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる腰痛、坐骨神経痛の治療に特化した“身体心理療法”

“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”は、慢性腰痛・坐骨神経痛専門の身体心理療法(しんたいしんりりょうほう)。

トリガーポイント治療、体幹インナーマッスルトレーニング、心理療法を中心に、その他手技療法、運動療法、物理療法などを用いて、多面的な治療をおこないます。


世界各国の腰痛診療ガイドラインを参考にして、科学的に有効と認められた手法で構成されています。

長年の腰痛・坐骨神経痛患者への運動指導と治療の実績があり、安全性が高く、誰でもできて効果の高いリハビリ療法です。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどによる慢性の腰痛、坐骨神経痛がなかなか治らない、どこに行っても良くならない、何をしても効果がないとお悩みの方に、自信を持っておすすめします。


“身体心理療法”とは? なぜ腰痛治療に“身体心理療法”が必要なのか?

“身体心理療法=ソマティクス(Somatics)”とは、心と身体の統合を目指すボディワークや心理療法全般、またそのベースとなる『身体心理学』のことを指します。

“ソマティクス”の『ソマ(Soma)』は、ギリシャ語で“身体”を意味します。
『ソマ(Soma)』は肉体的物質的な体だけでなく、思考や感情、感覚なども含んだ、刻々と変化し成長し続ける『生命としての身体』をあらわしています。

身体心理療法には様々な方法がありますが、その特徴はセラピーやボディワーク(体操・運動療法)を通じて身体に働きかけ、自分の身体、感覚、感情、ストレス、トラウマ、認知の歪み、思い込み、などに気づき、心身の緊張を和らげ、コントロールを取り戻すことにあります。

ストレスやトラウマ、認知の歪み、思い込みなどがあると、身体、感覚、感情、思考などの間にギャップが生じ、筋肉の緊張が生まれます。

その筋肉の緊張が腰痛をはじめとした慢性的な身体の痛みや様々な愁訴の原因となるのです。

それを示すかのように、近年腰痛とストレスの関係も大きく取り上げられるようになりました。

2012年、日本整形外科学会と日本腰痛学会は、『腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が大半を占める』との診療ガイドライン(指針)をまとめました。


もはや腰痛には心理的ストレスが関与していることは明らかなのです。したがって腰痛の治療にも心理学的なアプローチが必要になるのです。


ではどのような心理療法が、腰痛には有効なのでしょうか?

腰痛は筋肉の緊張による症状が大きくあらわれますから、身体からの働きかけが有効になります。それは整体やマッサージなどの治療や、ヨガやピラティスなどのボディワークが一定の効果をあげていることからもわかります。

腰痛には、様々な心理療法の中でも、身体から働きかけて心身の緊張を和らげ、コントロールを取り戻す“身体心理療法”が適していると言えるでしょう。

一方、腰痛は筋力や体力の低下が原因であることも間違いない

腰痛には心理的ストレスが影響していることは明らかですが、一方で筋力や体力の低下が原因であることも、また間違いのない事実です。

とくに腹横筋や多裂筋といった、腹圧に関係する体幹のインナーマッスルの筋機能の低下は、腰痛患者の実に90%程度に見られるという研究データもあります。

日本整形外科学会と日本腰痛学会腰痛診療ガイドラインでも、『発症から3カ月以上たった慢性腰痛には運動療法は効果がある』としています。しかし病院などでは、どのような運動をどの程度したら良いのか、一人ひとりの症状に合った細やかな指導をしてくれることはほとんどありません。

当腰痛トレーニング研究所では、長年腰痛、坐骨神経痛の治療と運動指導の実践と研究を行ってきました。その結果、運動療法と手技療法に心理療法を加え、独自に腰痛改善に特化した身体心理療法“コア・ソマティクス”を考案いたしました。

“コア・ソマティクス”は、運動療法、手技療法、心理療法のノウハウを用いて、

◆腹横筋や多裂筋といった、腹圧に関係する体幹のインナーマッスルの筋機能を回復する
◆ストレスなどで異常をきたした脳-神経-筋のシステムを再構成し、不要な筋緊張を取り除く
◆運動感覚と筋肉感覚(相対運動覚と固有感覚)を刺戟し、バランスのとれた身のこなしを獲得する

ことにより、体の機能を自然に回復向上させていきます。

“コア・ソマティクス”で期待できる効果

“コア・ソマティクス”は、一般的な筋力体力を向上させるエクササイズやトレーニングとは全く異なります。

運動療法、手技療法、心理療法のノウハウを用いて、脳-神経-筋のシステムを再構成するトレーニングをおこなうのです。

身体を動かす運動感覚(相対運動覚)や、その時の筋肉の感覚(固有感覚)を刺激して、体の機能を回復向上していくのです。

トレーニングが進むにつれ、自分の身体に対する感じ方や使い方、姿勢や身のこなしが変わってくるのがわかるでしょう。

“コア・ソマティクス”の効果は、次のようなかたちであらわれます。


check.png1.体幹のインナーマッスルが強くなる
check.png2.腹圧が強くなり、体の内側から腰(体幹)を支えられる
check.png3.背骨、骨盤、股関節が柔軟になり、バランスが良くなる
check.png4.筋肉がほぐれて血行が良くなる
check.png5.痛みの出ない姿勢や動作を身につけられる
check.png6.ストレスがやわらぎ、心身がリラックスする
check.png7.自律神経のバランスが良くなる
check.png8.脳のホルモンバランスが回復し、痛みに強くなる
check.png9.脳と神経と筋肉のつながりが正常になる
check.png10.本来の感覚を取り戻し、イメージと感覚と動きが一致する


これらの結果として腰や脚の痛み、シビレなどが改善するのです。

“コア・ソマティクス”の基本エクササイズ

体幹インナーマッスルの回復強化


インナーマッスルが強くなると、腹圧により内側から腰を支える力が養われます。

腰のストレッチ


腰が柔軟になると腰の筋肉の緊張がやわらぎ、痛みが軽減します。

足首の強化



体の土台が強くなると、股関節や腰の負担が減ります。

これらのエクササイズをベースに、一人ひとりの症状や体力にあったトレーニングを指導します。

施術治療



トレーニングと同時に施術治療を行い、トレーニングだけでは回復できない筋肉や関節を、施術治療により回復します。

“コア・ソマティクス”の治療メソッド

運動療法

◆体幹インナーマッスルトレーニング(コア・スタビライゼーショントレーニング)
◆コア・コンディショニング
◆ボディウェイトトレーニング(自重トレーニング)
◆ストレッチ
◆その他

手技療法

◆トリガーポイント療法
◆神経-筋促通テクニック(PNFテクニック)
◆関節モビライゼーション
◆鍼灸整体治療
◆その他

心理療法

◆カウンセリング
◆認知行動療法
◆ソマティクス(身体心理療法)
◆その他

 

“コア・ソマティクス”の流れ

最初に問診・カウンセリング


姿勢や動作をチェックします


基本のエクササイズをやってみましょう


姿勢やエクササイズの動き、痛みの出方などを見て必要な箇所に施術を行います


施術を受けたらもう一度エクササイズ


先ほどやりづらかったり痛みが出たりしたエクササイズが、施術後はスムーズにできます

今日のポイントを振り返り、ご自宅でおこなうエクササイズなどを確認します


次回のスケジュールを予約します


このような流れで、まずは週1回ペースの指導を継続されると良いでしょう。

この治療・トレーニングプログラムを受けてみたいと思ったら

はじめは初回カウンセリング。
はじめに初回カウンセリングにお越しいただき、症状やお身体の状態を確認し、ご希望の運動療法・治療・プログラムをおこなえるかどうかご相談をいたします。

Flowchart.png

詳しくはこちらのページをご覧ください。
【治療を受けるには/メニュー・料金】

腰痛トレーニングプログラム 料金




2017年7〜8月、夏休み学生お子様特別治療月間!

期間中18歳以下の学生やお子様の治療は、下記特別料金で診療させていただきます。

5回プログラム 50,000円
8回プログラム 76,000円


休み中にしっかり治して、9月から元気に過ごしませんか?

※料金は税込です。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
【治療を受けるには/メニュー・料金】

ご予約、お問い合わせ

さくら治療院/腰痛トレーニング研究所
03-6457-8616

24時間受付お問い合わせフォームはこちら

お電話受付:10:30〜17:00

≪7月の休診日≫
2日・9日・16日・23日

※ 施術中などで電話に出られない場合がございます。その際は留守電にご伝言を残していただけましたら、折り返しご連絡をさせていただきます。