トリガーポイントリリースで腰痛撃退!

2018年1月16日

自分でできる腰痛撃退方法

トリガーポイントってなんなの?

病院で脊柱管狭窄症、ヘルニア、すべり症、坐骨神経痛

と診断を受けたあなたにも関係があります。

まずは下の図をご覧ください。

あなたの痛みはこの辺ではないですか?

小殿筋のトリガーポイント

中殿筋のトリガーポイント

腰方形筋のトリガーポイント

どうでしょう?

あなたの痛みの範囲とそっくりな図はありましたか?

これはトリガーポイントが原因で起こる

痛みの範囲を表したものです。

特に一番上の小殿筋のトリガーポイントは

坐骨神経痛と混同されやすい症状で

病院で手術まで勧められたかたでも、

トリガーポイントリリースで痛みが改善するケースが

よくみられます。

図の×印がトリガーポイントで、

赤い部分が痛みの広がる範囲です。

 

トリガーポイントとは?

トリガーポイントとはいったいなんでしょう?

トリガーポイントとは、簡単に言うと

筋肉にできたしこりのようなものです

肩がこると肩だけでなく首や頭まで痛くなります。

これは筋肉からの痛みです。

同じように、腰やお尻がこると、痛みになり、

ひどくなるとトリガーポイントになります。

トリガーポイントが活性化してしまうと、

凝っている場所だけでなく

そこから広範囲に痛みが広がり、

痺れになることもあります。

痛みや痺れが続くと神経や骨が原因と考えがちですが、

実は筋肉やその周囲の筋膜から痛みがでていることが

ほとんどなんです!

 

トリガーポイントができる原因

では、なぜトリガーポイントができてしまうのでしょう?

肩こりの原因で真っ先に思い浮かぶのは、

姿勢の悪さではないでしょうか?

筋肉は長時間同じ姿勢でいると凝り固まります。

重たい頭を支えている首や肩回りの筋肉が

固まってしまうのは皆さん経験ありますよね?

実は座っているときに体重がかかっている

お尻の筋肉もとても硬くなりやすいんです。

いつもこんな風に

斜めに脚を組んで座ってしまうかたはいませんか?

これでは片側のお尻だけに体重がかかってしまい、

あっという間に凝り固まります。

凝り固まった筋肉は簡単には戻らないので

また同じように座りたくなり、さらに固まる。

もうそんな悪循環に陥っているのではないでしょうか?

からだが歪む本当の原因はこの筋肉の左右前後の差で、

骨盤の骨が実際に曲がってしまうことではありません。

筋肉に左右差ができてしまうと

体はバランスをとるのに色々な場所で調整しようとします。

その結果さらにゆがみは進み、

別の場所にもトリガーポイントができてしまうんです。

立っている姿勢でも同じことが言えます。

こんな風にいつも片側に寄りかかるように

重心をずらして立っていませんか?

何気ない癖なのでご自身では気づいていないこともありますが、

この立ち方もお尻の歪みの原因となって

お尻にトリガーポイントができやすくなります。

 

スポーツ好きも要注意!

いや、自分はいつも姿勢に気を付けているし、

スポーツやトレーニングで

体を動かしているから大丈夫!

というあなたもトリガーポイントができる可能性があります。

長時間の同じ姿勢だけでなく、

強い刺激や負荷が加わったり、疲労が溜まり過ぎても

トリガーポイントはできてしまいます。

筋肉を使ったあとにはきちんと緩めて

ケアしてあげる必要があるんです。

 

トリガーポイントリリース

では、できてしまっったトリガーポイントは

どうすればいいのでしょう?

まずはセルフリリースを試してみましょう!

テニスボールをひとつ用意してください。

ないかたはタオルを縛って代用してもOKです。

写真のようにテニスボールをお尻の下に入れて、

少しずつ体重を乗せていきます。

自分でやったことのあるかたは

グリグリ力を入れてやってしまうことが多いですが、

決してグリグリせず、

優しく力を抜いて行ってください。

ポイントはできるだけお尻の力を抜いて、

ボールがゆっくりと筋肉のなかに入ってくるように

受け入れることです。

痛いのに我慢して強引にほぐすと、逆効果になります。

痛気持ちいい範囲で、

効くなあと感じる場所を探してやってみましょう!

ひとつの場所は10~20秒くらい、

何ヵ所か場所を変えてやってみましょう!

 

施術を受けるには

自分ではどの辺がトリガーポイントかわからない。

というかたは、

一度トリガーポイントリリースを体験してみてください。

今なら「ブログを見た!」

で、初回1万円のところ5千円に割り引きさせていただきます。

¥10,000→¥5,000

トリガーポイントリリースの施術を受けると、

いつも痛みが出ている場所に響く感覚があるので、

「あーそこです!」

と、ご自身でも痛みの原因となっているトリガーポイントがわかります。

是非一度お試しください。

 

遠方で東京までは来られない方には

腰痛トレーニングDVDをお勧めしています。

DVDを購入して自分でセルフケアをおこなう

 

ブログはFacebookにアップしています

良かったらFacebookページにいいね!お願いします。

さくら治療院 腰痛トレーニング研究所Facebookページ