腰痛・坐骨神経痛 ストレッチが効かない、悪化した場合の原因と対処法

今だけ!初回限定特別割引実施中!

腰痛や坐骨神経痛を治そうと思ってストレッチをしたけれど効かない。

ストレッチをしたらかえって痛みが増した。

ストレッチをしたら症状が悪化してしまった。

 

このような経験はありませんか?

その原因はいくつか考えられますが、腰痛トレーニング研究所で今まで実際に指導した中で多いのは、次のようなことでした。

 

1.力が抜けない

2.伸ばす筋肉が間違っている

3.筋肉の緊張が強すぎる

4.体幹インナーマッスルが弱い

5.ストレッチに恐怖感がある

 

あなたはこのどれかに当てはまりそうですか?

もし当てはまりそうなものがあるようでしたら、次のように対処してみてください。

 

1.力が抜けない

ストレッチの時に力がうまく抜けず、逆に力んでしまうのは、一番多い間違いです。

とくに痛みやしびれを治すためのストレッチは、脱力が基本。

反動をつけたり、無理やり伸ばすために力んでしまうのはかえって逆効果となります。

 

あまり伸びる感覚がなくても、無理なく伸ばせる姿勢で止め、息を吐いて力を抜き、深呼吸を繰り返す。

そうするとうまく脱力してストレッチができます。

 

2.伸ばす筋肉が間違っている

やみくもにストレッチをしても、症状の改善にはつながりません。

どの筋肉をストレッチをしたら良いか、見極める必要があります。

 

とはいえ患者さん自身ではなかなかそれは難しいかもしれません。

 

腰痛トレーニング研究所では、痛む場所や部位ごとにどのようなストレッチをしたら良いかを選んでいきます。

次のページでは、痛みの出る部位別に効果があるストレッチを紹介しています。

参考にして、あなたに効きそうなストレッチを選んでみてください。

 

 

3.筋肉の緊張が強すぎる

筋肉の緊張が強すぎる時は、そのままストレッチをすると痛みが出たり、十分にストレッチの効果が出なかったりすることがあります。

このような時は、まず筋肉をほぐす必要があります。

 

自分で筋肉をほぐす方法として、テニスボールを使ったセルフリリースがあります。

次のページはその一例ですが、参考にしてやってみてください。

 

 

4.体幹インナーマッスルが弱い

腰や骨盤を支えるインナーマッスルが弱い状態でストレッチをしてしまうと、支える力がさらに弱くなってしまって痛みが悪化することがあります。

このような時は、ストレッチよりも、まずインナーマッスルトレーニングをおこなう必要があります。

 

次のページでは、一番基本になるインナーマッスルトレーニングを動画などで紹介しています。

参考に取り組んでみてください。

 

 

5.ストレッチに恐怖感がある

ストレッチをすると良くないんじゃないか…。

かえって悪くなるのではないか…。

病院で運動は控えるように言われた…。

ネットにストレッチは良くないと書いてあった…。

 

このような考えから、ストレッチに対して過度に恐怖感を抱いてしまう場合があります。

 

それは大きな間違いです。

腰痛・坐骨神経痛は運動した方が回復が良くなります。

 

ストレッチや運動を控え、安静を続ければ続けるほど体力や筋力は落ち、痛みなどの症状は悪化したり長引いたりします。

 

運動しないことのデメリットの方が大きいのです。

 

そうは言ってもなかなかこの恐怖感を克服するのは、ひとりでは難しいかもしれません。

そんな方には読書療法をおすすめしています。

 

読書療法に最適なおすすめ書籍はこちらです。

 

 

それでもうまくいかない時は

これらの対処法をやってみてもうまくいかない時は、残念ながらあなたひとりで解決するのは難しいかもしれません。

時には専門家に指導を受けることも必要です。

 

腰痛トレーニング研究所では、腰痛・坐骨神経痛のストレッチやトレーニング指導、治療を専門的に行っています。

 

 

腰痛、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などがなかなか治らなくてお悩みでしたら、ぜひ私たちにご相談ください。

お問い合わせはお電話、またはHPからメールフォームでも承っています。

 

スマートフォンはこのボタンを押すと電話できます。

受付時間:月~土10:30~17:00 日曜祝日休診

 

腰痛トレーニング研究所までお越しになるのが難しい方には、DVDも販売しています。

 

今だけ!初回限定特別割引実施中!