本文へスキップ

手術をしない腰部脊柱管狭窄症の治し方 治療法【腰痛トレーニング研究所】東京都新宿区四谷

電話でのお問い合わせは03-6457-8616

〒160-0004 東京都新宿区四谷2-14-9森田屋ビル301

手術をしない腰部脊柱管狭窄症の治し方 治療法


腰部脊柱管狭窄症による腰や脚の痛み、本当につらいですよね。病院で手術が必要なんて言われると、不安で不安でたまらず、悲観的な気持ちになるかもしれません。
手術だけは避けたい。何か他に良い方法はないだろうか?と、懸命に探しているのではありませんか?

そんなあなたの悩みにこたえる画期的な治療があります。

テレビや雑誌には取り上げられていませんが、自信を持っておすすめできます。
なぜなら、

18年以上苦しんだ重症のヘルニア患者だった私が、
自分の腰痛坐骨神経痛を治すために研究した方法で、
手術をせずに自分自身の痛みを克服し、
その方法が多くの患者さんに効果が上がっている

からです。 また手術などの他の治療に比べて次のような優れた利点があります。

手術のように体を傷つけることがない。
もちろん再手術のリスクもない。
自分の身体をコントロールする方法が身につく。

一度効果が出れば、その効果は持続する。
自分でセルフケアができる。
短期間で効果を実感できる。

数年にわたる痛みでも、1〜3ヶ月の比較的短期間で改善する。
心理的な効果があり、前向きな明るい気持ちが生まれる。
痛みに伴う不安感や絶望感がなくなる。


あなたが腰部脊柱管狭窄症による腰や脚の痛みでお悩みでしたら、ぜひ一度体験していただきたい。とくに手術をするべきか迷っているようでしたら、手術をされる前に試して損はありません。きっと効果があると思います。

このページでは、その方法についてお伝えしていきます。少し長く、専門的な言葉も出てきますが、最後までお読みいただければ幸いです。 まずは実際に坐骨神経痛が良くなられたケースをご覧ください。

腰痛トレーニング研究所・さくら治療院 院長 川口陽海

脊柱管狭窄症の手術勧告から1ヶ月でゴルフを再開できた例

東京都渋谷区 今田さん 60代男性 不動産会社経営

j0399793.jpg
今田さんは以前から腰の痛みがありましたが、11月にひどくなり、犬の散歩で10分も歩くと、脚にシビレが出るようになってしまいました。

病院でレントゲン、MRIの検査をしたところ、椎間板はつぶれ、脊柱管も狭くなって坐骨神経を圧迫しているという診断でした。ドクターに手術を勧められ、ゴルフはやめなさいとまで言われたそうです。

病院や接骨院でしばらく治療をしましたが、一向に良くならず、ダメでもともとと、ゴルフのコーチに紹介され、この“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”をはじめられました。

そして1ヵ月後にはゴルフ場でプレーできるまでに回復しました。

【今田さんのコメント】
先日は連休中3回ゴルフをしましたが、おかげさまで一度も腰は痛くなりませんでした。 脚のしびれも出ていません。本当に助かりました。

坐骨神経痛と間欠性跛行で歩けないほどの激痛が解消

東京都東久留米市 荒井さん 60代女性


荒井さんは、長年勤めていた会社を定年で退職して半年ほどたった頃から、左足に痛みとシビレを感じるようになりました。痛みとシビレは段々悪化して、ついには歩くのも困難なほどになってきました。

病院で検査をしましたが、軽度の脊柱管狭窄はあるもののそれほどひどいものではなく、坐骨神経痛と診断され、薬を処方されて経過を見ることになりました。しかし症状は一向に良くならず、だんだん外出するのも大変になってきます。

そんな時に雑誌で取り上げられた当院の腰痛トレーニングを知り、お問い合わせをいただきました。来院していただき症状をみたところ、荒井さんは典型的な小殿筋のトリガーポイントによる脚の痛みとシビレでした。

小殿筋のトリガーポイントによる痛みは、坐骨神経痛と混同されることが多いのですが、坐骨神経は全く関係がなく、体幹と股関節と足関節の筋バランスの崩れによっておこることが多い症状です。

荒井さんは体幹と足首のトレーニングをとても熱心におこなわれ、その結果1ヶ月ほどで症状は大幅に改善されました。

手術なしで腰部脊柱管狭窄症による腰や脚の痛みを改善する
“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”


“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”は、慢性腰痛・坐骨神経痛専門のリハビリ療法です。

トリガーポイント治療と体幹インナーマッスルトレーニングの2つを中心に、その他手技療法、運動療法、物理療法、心理療法などを用いて、多面的な治療をおこないます。


世界各国の腰痛診療ガイドラインを参考にして、科学的に有効と認められた手法で構成されています。

長年の腰痛・坐骨神経痛患者への運動指導と治療の実績があり、安全性が高く、誰でもできて効果の高いリハビリ療法です。


“コア・ソマティクス”について詳しくはこちら≫

脊柱管狭窄症を改善するためのポイントは4つ


脊柱管狭窄症では様々な症状がみられますが、臨床上多くみられるものは次の3つがあります。

 ◆腰痛
 ◆坐骨神経痛
 ◆間欠性跛行


腰痛トレーニング研究所では、これらの症状は @脊柱管の狭窄(神経の圧迫)A腰や股関節(殿筋群)の筋緊張 B足首(足関節)や足の指の筋力低下 C間違った体重の支え方や歩き方 などにより起こると考えています。

“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”では、これらの原因に対して次のようにアプローチします。

 1. 背骨の圧迫を減らす(除圧)
 2. 腰、股関節、太ももやふくらはぎの筋緊張をゆるめる
 3. 足首や足の指の筋力を強化する
 4. 正しい体重の支え方、歩き方を身につける

脊柱管狭窄の真の原因と、脊椎の圧迫を減らす(除圧する)体幹インナーマッスルトレーニング


脊柱管狭窄症は、下の図のように背骨の中央付近にある脊髄神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因により狭くなって(狭窄して)しまい、神経を圧迫するために腰痛や坐骨神経痛、間欠性跛行などの痛みやシビレといった症状が起こる、とされています。

【脊柱管狭窄症】
kyousakusyou.gif

この図では、背骨と背骨の間のクッションである椎間板がつぶれてヘルニアを起こし、それによって神経を圧迫していますが、この他にも背骨自体の老化による変形であったり、骨折であったり、様々な原因によっても脊柱管の狭窄が起こります。



本来脊椎は、グローバル筋とも呼ばれる背筋や腹筋などの抗重力筋群と、ローカル筋とも呼ばれる深層のインナーマッスルの働きによる腹圧で支えられます。

腹圧で脊椎(背骨)を支えるメカニズムは、下の図のようになっています。

横隔膜.gif

腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群などのインナーマッスルは、左のように、お腹を引っ込めるようにして腹圧を高め、体の内側からの圧力で脊椎を正しい位置で支えます。これらの体幹インナーマッスルの筋力が低下すると、右のように脊椎を支える力が弱くなり、一部分が圧迫されることになります。

腹圧低下⇒脊椎圧迫⇒狭窄が生じる
これが脊柱管狭窄症の真の原因です。

したがって、脊柱管狭窄症による腰痛や坐骨神経痛を解消するには、腹圧を高めて脊椎を支える力を回復し、脊椎の圧迫を取り除く(除圧する)ことが必要になります。それには体幹インナーマッスルトレーニングが不可欠です。


腹圧を高める体幹インナーマッスルトレーニング


体幹インナーマッスルトレーニングには様々なものがありますが、腰痛トレーニング研究所では、コアヌードルというエクササイズ器具を使った“コアスタビライゼーショントレーニング”を中心におこなっています。

このコアヌードルを使用することで、普通のエクササイズではトレーニングしづらい、多裂筋や腹横筋などのインナーマッスルまで安全に負荷をかけ、効果的にトレーニングしていくことができます。


コアヌードル

コアスタビライゼーショントレーニングのエクササイズ例

このトレーニングをおこなうことによって、腹圧によって脊椎を支える機能が回復すると、狭窄やヘルニアによる圧迫が除圧されます。

また体を内側から支える力が養われますので、腰や背中、骨盤周囲の筋肉の疲労や緊張が軽減し、痛みが改善します。


腰痛や坐骨神経痛の原因となるトリガーポイント


脊柱管狭窄症による腰痛や坐骨神経痛と診断をされていても、その痛みの直接的な原因は“トリガーポイント”による筋筋膜性の痛みである可能性があります。

“トリガーポイント”による痛みは、脊柱管狭窄症の痛みと混同されることが非常に多く、病院で脊柱管狭窄症と診断をされていても、実は“トリガーポイント”による筋筋膜性の痛みというケースはとても多いのです。

実際当腰痛トレーニング研究所には、病院で脊柱管狭窄症と診断を受けた腰痛や坐骨神経痛の方が訪ねてこられますが、その90%以上はトリガーポイントによる筋筋膜性の痛みです。


腰や脚の痛みをおこすトリガーポイントは、たくさんあります。

これから見る図にあてはまる症状や、感覚的にピンとくるものがあるならば、あなたの痛みやシビレはトリガーポイントによる症状の可能性が高いと考えられます。

それぞれの図の中の×印がトリガーポイントで、そこから赤い範囲に痛みやシビレ、感覚異常などの症状をおこします。

トリガーポイントができる場所と症状のあらわれる場所が離れているのに注目してください。これが関連痛といわれる症状で、トリガーポイントによる痛みの特徴です。

また実際にはこれらの図と完全に一致するケースは50%程度で、トリガーポイントのできる部位と症状のあらわれる範囲にはかなり個人差があります。

脊柱起立筋のトリガーポイント


多裂筋のトリガーポイント



腰方形筋のトリガーポイント



中殿筋のトリガーポイント



大殿筋のトリガーポイント



梨状筋のトリガーポイント



大腿筋膜張筋のトリガーポイント



小殿筋のトリガーポイント ※坐骨神経痛と混同されることが多いトリガーポイント



大腿四頭筋(外側広筋)のトリガーポイント



ハムストリングのトリガーポイント



腓腹筋のトリガーポイント


腓骨筋のトリガーポイント

これらの図に当てはまる痛みやシビレの症状があれば、あなたの症状も狭窄症が原因ではなく“トリガーポイント”が原因の可能性が高いと考えられます。

坐骨神経痛と混同されやすいトリガーポイント

このように、腰部や殿部(股関節)、大腿部などの筋肉が緊張して“トリガーポイント”が生じると、腰や脚の痛みが起こります。

とくに小殿筋や中殿筋、梨状筋といった股関節の筋肉にトリガーポイントが生じることで、骨盤周囲から脚にかけての痛みがおこります。これが坐骨神経痛と混同されることが多いのです。


重要なポイントなので、もう一度図を見てください。

中殿筋のトリガーポイント



梨状筋のトリガーポイント



小殿筋のトリガーポイント


これらのトリガーポイントで坐骨神経痛と同じ範囲に痛みがおこります。実際には坐骨神経とは関係のない筋筋膜性の痛みなのです。

そして“トリガーポイント”により生じている筋筋膜性の痛みは、筋肉の緊張をゆるめることで改善します。狭窄症の手術をするまでもなく、痛みを改善することができるのです。

また、ここで紹介した以外にも腰や脚の痛みをおこすトリガーポイントはたくさんありますから、ぴったり当てはまるものがなくても、もしや?と思ったら私たちにご相談ください。

“トリガーポイント”による筋筋膜性の痛みを解消する方法


腰痛トレーニング研究所の“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”では、“トリガーポイント”による筋筋膜性の痛みに対して、次のようなアプローチで改善していきます。

手技施術により血行を改善し、痛みを取り除く


筋緊張をおこしている筋肉に、直接手技を施して筋肉をゆるめ、血行を改善してトリガーポイントによる痛みを改善します。


痛みの原因になっている筋肉だけではなく、その周囲や全身に対して施術をする場合もあります。患部や全身の血流が良くなると、痛みやシビレなどの症状が改善します。

痛みを一時的でも減らすことは、痛みの回復につながることが疼痛理論上わかっています。一時的な鎮痛により生じる生体反応により、生理的な痛みの回復力が強まるのです。


ストレッチで筋緊張をやわらげ、全身の運動性を高める


トリガーポイントが生じた筋肉は固くこわばっています。それをストレッチすることで縮んだ筋肉が伸びてゆるみ、伸縮機能や筋力が回復します。血行も改善しますので痛みがやわらぎます。

また痛みのある部位をかばってしまうために、他の部分の柔軟性や筋力が低下したり、姿勢が悪くなってしまったりすることがありますが、それを予防、改善するのにもストレッチはとても有効です。

骨盤周囲筋の柔軟性の低下により腰椎や骨盤の動きに悪影響を及ぼすこともあるため、腰だけでなく下肢のストレッチもおこないます。

このような方法で痛みの原因になっているトリガーポイント、とくに股関節の中殿筋小殿筋の筋緊張をゆるめると、坐骨神経痛が改善します。


坐骨神経痛の意外な改善ポイント“足関節”

足関節(足首)から下は人間の身体のいわば土台です。足関節を支えるふくやはぎや足の指の筋力が弱まると、その土台がふらふらしてしまったり、左の図のように身体全体に歪みが生じてしまうことになります。

足関節の上は膝関節や股関節ですが、足関節が弱くなると膝関節や股関節に負担がかかることになります。このような時に、その上の体幹も弱いと、股関節に負担が集中して中殿筋や小殿筋などにトリガーポイントが生じ、坐骨神経痛様の痛みがおこることになります。


したがって足関節を強化することは、膝や股関節の負担を減らすことになり、中殿筋や小殿筋の筋緊張からおこるトリガーポイントを解消することにつながります。

【足関節(足首)のエクササイズ例】
爪先立ちのエクササイズでふくらはぎの筋肉をトレーニング


正しい体重の支え方、歩き方を身につける


坐骨神経痛や間欠性跛行の方に共通する特徴(クセ)があります。 それは、

@踵重心
A脚の内側の筋肉が使えない


この2つです。 踵重心ということは、足の指の力が弱くなっていて踏ん張ることができなくなっているということです。足の指で踏ん張ることができないと、人間は姿勢が維持できなくなります。

これは簡単なチェックでわかります。つま先立ちで踵を上げて立ってみてください。慣れていないと多少ふらふらするかもしれませんが、バランスは取れますよね。

次につま先を上げて踵で立とうとしてみてください。バランスをとるのにとても努力が必要になりますね。無理にバランスを取ろうとすると変な姿勢になったり、脚の色んなところがつっぱったりこわばったりしませんか?

普段つま先を上げているつもりはないと思いますが、現代生活では靴を履いて固い平らなところばかり歩いていたり、または歩くこと自体が少なくなっていたりすると、いつのまにか足の指が弱くなり、知らず知らずのうちに踵重心になってしまいます。

そうすると脚の筋肉に不自然な負荷がかかり、疲労の蓄積からトリガーポイントが生じて痛みやシビレが起こるのです。

また踵重心になると必然的に脚の外側の筋肉ばかり使うようになり、内側が使えなくなってしまって、ますます踵重心になるという悪循環に陥ります。

これを改善するためには、正しく体重を支えるためにはどの筋肉を使うか、どのような感覚で身体を動かすか、といった筋肉感覚や運動感覚、姿勢感覚を養う必要があります。

このような、単なる筋力トレーニングではなく、筋肉や運動や姿勢などをコントロールする感覚を改善し、正しく養うエクササイズを、ソマティックエクササイズといいます。

脊柱管狭窄症を治す方法 おさらいとまとめ





腰痛トレーニング研究所では、この脊柱管狭窄症を改善する4つのポイントを踏まえたリハビリトレーニング、“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”を指導しています。

“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”は、慢性腰痛・坐骨神経痛専門のリハビリ療法です。

トリガーポイント治療と体幹インナーマッスルトレーニングの2つを中心に、その他手技療法、運動療法、物理療法、心理療法などを用いて、多面的な治療をおこないます。


世界各国の腰痛診療ガイドラインを参考にして、科学的に有効と認められた手法で構成されています。

長年の腰痛・坐骨神経痛患者への運動指導と治療の実績があり、安全性が高く、誰でもできて効果の高いリハビリ療法です。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどによる慢性の腰痛、坐骨神経痛がなかなか治らない、どこに行っても良くならない、何をしても効果がないとお悩みの方に、自信を持っておすすめします。

“コア・ソマティクス”について詳しくはこちら≫

“コア・ソマティクス 腰痛トレーニングプログラム”の効果

1.体幹のインナーマッスルが強くなる
2.腹圧が強くなり、体の内側から腰(体幹)を支えられる
3.背骨、骨盤、股関節が柔軟になり、バランスが良くなる
4.筋肉がほぐれて血行が良くなる
5.痛みの出ない姿勢や動作を身につけられる
6.ストレスがやわらぎ、心身がリラックスする
7.自律神経のバランスが良くなる
8.脳のホルモンバランスが回復し、痛みに強くなる
9.脳と神経と筋肉のつながりが正常になる
10.本来の感覚を取り戻し、イメージと感覚と動きが一致する


これらの結果として腰や脚の痛み、シビレなどが改善するのです。

この治療・トレーニングプログラムを受けてみたいと思ったら


まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。またご不明な点などありましたら何なりとお尋ねください。詳しくご説明いたします。

03-6457-8616

お電話受付:月〜金曜日10:30〜17:00/土曜日10:00〜17:00
休診日/日曜・祝日

※ 施術中などで電話に出られない場合がございます。その際は留守電にご伝言を残していただけましたら、折り返しご連絡をさせていただきます。

治療・トレーニングプログラムの流れ


はじめは初回カウンセリングにお申し込みください。

Flowchart.png

詳しくは【治療を受けるには/メニュー・料金】のページをご覧ください。

メニューと料金


<< 期間限定割引実施中 >>

2016年9月30日までに
初回カウンセリングをお受けになると

通常15000円 ⇒ 10000円!
(5000円割引)


※予約枠に限りがありますのでお早めにお問い合わせください。


  ◆初回カウンセリング    15,000円
  ◆4回ショートプログラム  60,000円
  ◆8回基本プログラム   120,000円
  ◆4回追加プログラム    60,000円

※料金は税込です。
※1回の所要時間はおおよそ60〜100分程度です。所要時間には問診、カウンセリング、トレーニング指導、施術治療などが含まれます。
※トレーニングをしますので動きやすい服装でお越しいただくか、お着替えなどをご持参ください。

詳しくは【治療を受けるには/メニュー・料金】のページをご覧ください。

ご予約、お問い合わせ

03-6457-8616

お電話受付:月〜金曜日10:30〜17:00/土曜日10:00〜17:00
休診日/日曜・祝日

※ 施術中などで電話に出られない場合がございます。その際は留守電にご伝言を残していただけましたら、折り返しご連絡をさせていただきます。