「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい」を出版した理由

『腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい』は、重症の腰痛・坐骨神経痛患者であった私自身が、その症状を自分で克服した方法をまとめた本です。

《元腰痛・坐骨神経痛患者》であり、今は《腰痛・坐骨神経痛専門治療家》として“治す立場”から書かれた腰痛解消本というのは、もしかしたら今まであまりなかった異色な本かもしれません。

なぜこの本を出したかったのか?

それは「慢性腰痛・坐骨神経痛は自分で治すことができる。その方法はたくさんある」ということを、より多くの方に知っていただきたかったからです。

《元患者》だったからこそ、腰痛・坐骨神経痛でお悩みになられている皆さんのお気持ちは、文字どおり痛いほどよくわかります。

私も以前は病院や治療院をたくさんめぐり、それでもまったく良くならず、しかし手術をするのもためらわれ、どうしたら良いのか途方に暮れました。

「この痛みをなんとかできないか?」
「自分で治す方法はないだろうか?」
「できれば手術をせずに治したい」

皆さんも同じ気持ちでなのではないですか?

そんな皆さんのお力になりたいと思って、この本を出版しました。

もしあなたがなかなか良くならない腰痛や坐骨神経痛でお悩みでしたら、ぜひ本書をお手にとっていただきたいと思っています。


実はこの10~20年で腰痛研究は大変に進み、根本的な原因にせまりつつあります。

その結果、次のようなことがわかってきました。

■慢性腰痛は「脳の鎮痛機能の低下」によっておこっているようだ
■慢性腰痛には「運動療法」と「心理療法(認知行動療法)」が有効なようだ

つまり、

「脳の働きを改善すると慢性腰痛は良くなるよ。それには運動したり考え方を変えたりするのがいいよ」

ということです。

これは腰痛治療にとっては大変大きな発見です。


そして奇しくも、私が試行錯誤して自分で腰痛・坐骨神経痛を改善した方法は、この理論にかなったものとなっていました。


本書は、このような知見をもとに、

「私自身が実際に自分で慢性腰痛・坐骨神経痛を克服した」

だけでなく、、

「治療家として多くの腰痛・坐骨神経痛患者を改善した」

その方法、体操やセルフケアのやり方をまとめたものになっています。

また最新の腰痛研究のトピック、例えば脳の鎮痛機能やトリガーポイントなどについても、わかりやすく書いてあります。


本書「腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい」は

■腰痛・坐骨神経痛を治したいけどどうしたら良いかわからない
■腰痛を改善する体操を知りたい
■日頃自分でできるセルフケアの方法を知りたい
■腰痛・坐骨神経痛に関する知識を得たい

このようなお悩みの方、また腰痛・坐骨神経痛でお悩みのすべての方におすすめです。

ぜひ本書をお手にとり、ご一読ください!

腰痛トレーニング研究所/さくら治療院 院長 川口陽海

腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい(Amazon)

腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい